沿革

1935年 昭和10年 埼玉県川口市に川口化学研究所(現川口工場)を設立
1936年 昭和11年 次亜硫酸曹達の製造を開始
写真薬品「ハイドロキノン」「メトール」の製造を開始
1937年 昭和12年 川口化学工業株式会社に改組(資本金30万円)
本社を東京市日本橋区室町におく
ゴム薬品 加硫促進剤「アクセルM、DM、TMT」の製造を開始
ゴム薬品 老化防止剤「アンテージA、C」の製造を開始
1945年 昭和20年 染料顔料中間体の製造を開始
1951年 昭和26年 本社を東京都千代田区に移転
1954年 昭和29年 写真薬品およびゴム薬品のJIS表示許可
1955年 昭和30年 ゴム薬品 加硫剤「アクターQ」の製造を開始
1958年 昭和33年 大阪営業所を開設
しゃっ解剤の製造を開始
1961年 昭和36年 東京証券取引所市場第二部に上場
増資(資本金1億2800万円)
1962年 昭和37年 工業標準化と品質管理優良工場として通産局長賞受賞
1964年 昭和39年 増資(資本金2億円)
1965年 昭和40年 樹脂酸化防止剤の製造を開始
1972年 昭和47年 ゴム加工助剤「エクストンK-1」の製造を開始
1974年 昭和49年 増資(資本金3億円)
1975年 昭和50年 熱管理優良工場として通産大臣賞受賞
1976年 昭和51年 本社を東京都千代田区(現在地)に移転
1977年 昭和52年 茨城県波崎町(現神栖市)に鹿島工場を開設
増資(資本金6億1000万円)
1982年 昭和57年 医薬中間体の製造を開始
1984年 昭和59年 R.T.バンダービルト社(米)とゴム薬品の販売提携
1987年 昭和62年 創立50周年記念式典を挙行
1990年 平成2年 農薬中間体の製造を開始
1993年 平成5年 本社事務所を川口市に移転
1994年 平成6年 バイエル社(独)(現ランクセス社)とゴム薬品の販売提携
1997年 平成9年 ISO9001認証取得
1998年 平成10年 受託合成事業に参入
2001年 平成13年 医薬用試薬の製造を開始
2002年 平成14年 鹿島工場を閉鎖
2006年 平成18年 ISO14001認証取得
2008年 平成20年 上海事務所開設
2010年 平成22年 开溪爱(上海)貿易有限公司設立